今週のジャンプはまさかのジャンプ黄金期でした

こんばんは、今日も明日も刺身が食べられることになっている田中聖斗ですよ。

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

子どもの頃は、タコ以外まったく食べられなかったのに不思議なもんですね。

 

さて、今週のジャンプはそんな子どもの頃を思い出す・・・ものもあったかな。

 

(以下ネタバレあり)

表紙&巻頭カラーは『僕のヒーローアカデミア』でした。

麗日さんがちょびっとだけ活躍しますが、地味に峰田くんがいい味出していたのでよかったです。

 

それよりもやっぱり『アクタージュ』ですよ(ヒロアカファンの方すみません)。

宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』で、ジョバンニを演じる阿良也が、大好きだったのにもう会えなくなるカンパネルラ(主人公 夜凪)を、自身を役者の道に導き、もうすぐ絶命しそうな演出家、巌裕次郎とだぶらせて、本来なかったアドリブの芝居をしてしまう。

しかし、観る者からすると「迫真の演技」以外の何物でもなく、全員が舞台の二人に集中する。

そこに対し、もうひとつの感情が湧き起こる人たち。

役に入り込みすぎて、その役になりきって生きる(そして不幸になる)という話は過去にもありますが、そんな感じで、過去に「芝居に溺れた」経験者である星アリサが、阿良也の将来を案じるところで終了。

このまま、超絶スーパー舞台俳優 阿良也が、「終わる」のか?
そしてアリサのように役者の道に戻れなくなるのか?

・・・とはいかないのは、最初の夜凪の「冷たい顔」でもわかるとおり。だって目がもう、巌じゃん!

 

演出家 巌が、自分の「死」を夜凪に伝えていたのはまさにこの時のためだ!・・・というのが来週の展開なんでしょうが、それだけにあきたらず、「役者」からドロップアウトした星アリサの救済も図られるはず!

次号は一周年記念で巻頭カラーということですが、中途半端にドラマとかにはならないでほしいなぁ。

 

 

次点は相変わらずの、どの世代がターゲットなのかわからない『ジモトがジャパン』。

順位が激落ちですが、本当にアニメ化するんですか?笑。

恋多き男、自称 東京出身シティーボーイ益荒男(ますらお、高校生だが江田島平八顔)がまた他の子に恋する展開。

横浜在住横浜通学なのに、なぜ皇居ランニングをしていたかまったくわからないが、とりあえずそれ以外はちゃんとツッコミが入るのでよしとしましょう。

だからとりあえず「カッコよくすべし」ということで、横浜スタイルの髪型にするためにヘアサロンに行って、やっぱりジャパンによるカット!

横浜のある神奈川は、シャンプー・リンス出荷額日本一というジモーラを使いどっかで見た決めポーズでトキオを見本カット! と、ここまではよかったが・・・・

・・・最後、江田島平八じゃん!!

天下無双 江田島平八伝 10 (ジャンプコミックス デラックス)

・・・で、結果はまさかのクリスマスの回の伏線の回収で、不幸な結果に終わる益荒男。

それを受け、「反省」で、ハマの番長リーゼントから、新たな神奈川髪型に変わるジャパン。

・・・いや、桜木花道じゃん!!(ジャパンは赤い髪)

『スラムダンク』単行本15巻より

作者はどう考えても、「ジャンプ黄金期」に読者だった世代だよなぁ??
とりあえず打ち切りにならず頑張ってほしいです。

 

『鬼滅の刃』はもう、切なすぎて読めない・・・こちらはアニメ化なのに、もうすぐ終わりそうな超展開だけど、まだまだ続くよね!?

 

鬼つながりで、『約束のネバーランド』。

鬼の生態が初めて明らかになり、そして新たな目標が!
こちらはアニメ化したけどまだまだまだまだ、進撃の巨人のように続いていくでしょう! おそらく!

まさかここで「ネバーランド」の意味が明かされるとは!

不安そうなエマの顔がポイントだね!

 

『ハイキュー!!』木兎編もいよいよ佳境。

こちらはまたしても『スラムダンク』か!
というような木兎の回想シーン。

スラムダンクのゴリが、頑張れば頑張るほど孤立していたというのは、部活あるあるですな。主人公たちの学校ではそういうシーンがないので、まさかの「天然ポジティブキャラ」木兎の過去に持ってくるとは思いませんでした。

 

『ぼくたちは勉強ができない』も、いよいよ主人公 成幸が、貧乏な「家庭のために」ばかり考えていた成幸が、自分の夢の実現に向けて動き出すさまが描かれていきます。

同級生三人に勉強教えて、バイトも3つかけもちして、家のこともやって・・・そんな体力ある?と思うけど、よし!

 

最近、バトルっぽい展開じゃないのが個人的には好きな『Dr. STONE』。

小麦を作るための畑を作るという目標に、最初はどう考えても主人公だったのに完全に脇役になっていた大樹が頑張ります。

そしてできた小麦で作ったパン!!

酵母も何もない時代に、果たしてどうやってうまいパンを作るのか?

どんな「料理人」キャラが出てくるのか?

乞うご期待!

 

読み切りは、戸塚慶文さんの『アンデッド+アンラック』。

子ども受けはどうかなと思いますが、個人的には最近の読み切りの中では一番好きですね。

「不死(アンデッド)」な男と、触れると触れた人が不幸になる「不幸(アンラック)」の女が、どんどん心の距離を縮めていく、だいぶ変わったボーイミーツガールものです。

 

しょっぱなから巨乳あおりなので、一体どんなマンガになるのかと思ったら、ストーリー上で、役割が出てくる巨乳でした(まぁ、揉まれるんですが)。

謎の組織に捕まって~というベタな展開でありながら、巨乳やその他の伏線の回収とかも見ても、ストーリーがちゃんとできてるし、テーマ的にどうしても明るくかわいい子にならないのであれですが、連載ものにするなら、カワイくてセクシーな女の子、魅力的な若い主人公という王道のストーリー物を書いても、ベタベタになりすぎず、良い物を書ける気がしますねぇ。『ブラッククローバー』的な?

間違っても、このキャラで連載しようとすると、『ゴーレムハーツ』みたいに短命になっちゃうので・・・出すなら、「不死の喫茶店マスター」みたいな感じがおもしろいかもですね。

 

髪切って(切られて)、下着姿のサービスシーンなのに、魅力がゼロ!

誰とも接していなかったという設定だから、細かいリアルな部分を守り続けるのは嫌いじゃないですけど、あくまでもエンタメとして少年誌で連載するならここは俗っぽくする所が求められるでしょうね! 難しい所だけど!

 

背景はアシさんにまかせるにしても、まだストーリー物の連載レベルにはないので、この作者が連載として出てくるにはちょっと時間がかかるかもしれませんが、期待して待ちたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA